「愛のむきだし」がベルリン国際映画祭W受賞

ここでは、「「愛のむきだし」がベルリン国際映画祭W受賞」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第59回ベルリン国際映画祭で、先日ちらっと紹介した
園子温監督の「愛のむきだし」がなんと
「国際批評家連盟賞」と「カリガリ賞」をダブル受賞しちゃいましたよ。

「国際批評家連盟賞」は国際批評家連盟のメンバーがカテゴリーごとに1作品、
「カリガリ賞」は3人の審査員によって選考される
ベルリン国際映画祭で最も栄誉ある賞らしいです。

「愛のむきだし」は、AAA(トリプルエー)の西島隆弘くんが主演、
満島ひかりちゃん、渡部篤郎さんらが出演した
宗教や純愛を描いた、4時間近い超長い作品。
みていて、超長い感じはあまりしない。でも、お尻は痛いかも。
愛のむきだし
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hibishiawase.blog63.fc2.com/tb.php/69-364d1757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。